久し振りの休暇3(インフルエンザ)

2016-02-22 16.40.32

歩き疲れたのか、アルコール漬けの二日間に疲れたのか、帰りの新幹線は身体がギシギシ軋む。新幹線のシートでもだえながら自身でも微熱を感じてきた。
(あー、これはちょっとやばいかな!)

夜11時帰着。そのまま布団に入る。家内が後楽園からの仕事を終え、帰ったのも気がつかない。眠りこける。
深夜時々目が覚め、喉の渇きを癒す。起き上がるのもけだるい。

定刻に目が覚め、出勤。朝の掃除を終えランチの準備を始める。
このころまでは(ま、何とかなるだろう)的だった。咳が出始める。
気管支のところが痛い!
ホールで一緒に仕事をしている娘が、
「社長、帰って下さい。ちゃんと寝て下さい」
「おい、まだ1時だぞ。これからまだまだお客様来るぞ!」
「私一人で大丈夫です。風邪直して下さい。」
私を見る目つきは”バイ菌”を見ている。
(ははぁ、風邪がうつると思ってるな!)
ま、いいか。身体だるいし・・・。言葉に甘えて帰宅することにした。

布団にいるやいなや、熟睡モードになる。暖房を入れても寒さを感じる・・・。
5時半。熱を測る。39度8分。
「やられたー!」
これは単なる風邪か、インフルエンザか、という段階に来た。
近所にある薬局「龍生堂」へ、状態を伝えると
「インフルエンザのようですね。これは処方箋なので病院の診察を受けて下さい」
あ、そ。インフルって医者の診断が必要なんだ。
薬局で紹介された近くの病院に行く。
「検査しますから、ベッドに横になって下さい」
「ちょっと痛いですよ」
と綿棒らしき、先端に検査薬を塗ったものをいきなり突き刺す。
女医さんだったが、この痛さはマジでむかついた。
涙目で女医さんをにらむ。
女医さんと交代して男性医師が近寄ってくる。
「インフルエンザですねぇ。A型です」
吸入薬を貰い目の前で吸引。しかる後。
「受付で処方箋渡します。」

薬局に戻り、処方薬を貰う。
おかげで翌朝には37度まで体温は下がる。
明日からは仕事が出来るなぁと思い、
「悪いね、今日まで休ませて貰うよ。」
「社長、とんでもない!もっと休んで下さい」
「出てきたら駄目ですよ。」
・・・・・・・・・・・・・・・・
「お願いだから、休んで下さいよ。」
私はバイ菌になった・・・・・。

金曜日まで休む。まるまる一週間。
本人はインフルエンザの感染する重大性がまるでわかってない。でも言いつけにしたがって4日間どこも出かけずに自宅療養。
おかげで熱は平熱。そして京都から帰った直後の体重が76.2kg
そして今、61.8kg。62kgを切ってしまった。
(なんか、インフルエンザって、すげーぇ!)

大阪京都行きを含めてじつに1週間の休暇でした。

SNSでもご購読できます。