緊急事態宣言・・・延長

困ったねぇ。ホント困ったねぇ・・・・。
今回の「禁酒令」はホトホトまいった。
踏ん張っていた心の最後の柱がポキッと折れる音がした。
「禁酒令」が出た5月12日から東京都の指示に忠実に従ってきたけど、もう限界だな。
今月いっぱいは「禁酒令」も「時短」も従うが、6月からは要請は辞退しようかと思う。
夜の営業始めるので、皆さん来てくださ~い。

例年5月連休明けから6月は売上は悪い。梅雨時期のジトジトしたお天気に加えゴールデンウィークでお客様たちはお金を使って、外食に回すお金が少なくなる時期なのだ。コロナが無くても資金は逼迫する季節になる。7月がちょっと持ち直して、8月~10月頃まで、毎年、経営的に厳しい時期になる。
だから緊急事態宣言延長がなくともお客様や宴席の需要は少なくなる。だから要請を受けて協力金を受け取る体制を作るのが、たぶんベターだ。
でも、もう、自粛営業は限界かな・・・・。
8時までの時短には従ってもアルコール提供はする。
歓ファンは品の良いお客様ばかりで、大声を出す様な下品なお客様はいない。

それにしても、何かおかしいよね。
緊急事態宣言で、行政はいろいろと要請、お願いをしているけど効果はいまいち。
お願いばかりで効果は無くて、保証は渋るし遅いし。電話はつながらない。
各種申請書は難読問題の試験を受けるようだし。
何より「働く」「持続、継続」という意欲が喪失してくる。

コロナ禍もたいへんだろうけど、いずれ終わりを迎えた後の、人が立ち上がる気力を奪っている。何の行政かと思う。
こうなると行政に対する信頼がドンドン少なくなってくる。実際、緊急事態に従う人は少なくなってきている。禁酒も密接密集も守っている人は少なくなっている。
飲む側だけでなく「禁酒令」を守らないお店も多々ある。
要請に唯々諾々と従うこちらは、不公平感もまた大きい。
こうなるとどんな要請も命令も従う人は少ない。

政を司る方たちはたいへんだと思うが、兵隊(民)がトップ(政治)に対して不信感を持つとどんな戦争にも勝てない。
首長も私も「経営者」なのだ。
目標と目標に関わる時間を社員に提示し、目標達成後の報酬を明確にし、目標達成の成長を讃えることで、次の目標を設定する。

コロナ禍でいろいろと無理強いをさせられ行政に対し不信感を持ったことで、私自身の経営手腕の反省を促されている。

みんな、すべてが我が師なのだ。


笑い

毎日がどうにもこうにも重い。
鬱陶しい季節になり「重さ」がより重くなる。
禁酒令のため夜営業を止めている。
ランチが14:30までなので、お客様が長居をしても15時には閉店となる。
身体は負担が軽くて楽なのだが、メンタル面は「重い」
この重さを連日感じている。だから重いのだ。

債務返済やコロナが終息後のことを考えると、どうしても気が滅入る。
これといった解決策をまだ見いだせないのだ。
いつかは終わりが来る、未来永劫続くものはないのだ、終わりが来れば始まりも必ずある、新陳代謝は不可欠な要素なのだ、と気持ちを代弁する声が聞こえてくるが、気は晴れない。

孫娘からLINEアプリを通してライブ通話がかかってくる。
小雨が降る日曜日の昼下がりだった。
店はお休みで、出かける当てもなく、雨を理由に部屋でくつろいでいた。
妻のスマホから元気な声が漏れてくる。
孫娘は二人いる。
1歳と3歳だ。
代わる代わるスマホを通して話しかけてくる。
キャッキャッと娘特有の甲高い声が部屋中に響き渡る。
妻の声も華やいでいる。

こんな声に、ひととき気持ちが晴れる。軽くなる。
あぁ、笑いって、いいなと率直に感じる。

くったくのない笑顔と歓声だ。
この笑顔が欲しい。切に欲しい。
だから少し無理してでも私も笑おうかな。
「 キャッキャッ !」



ワクチン接種が始まる

ワクチン接種が始まったとニュースで流れる。
基礎疾患があり68歳の私の所へはまだ通知が届かない。
ワクチンはあまり興味はない。打っても打たなくてもかまわないと思っている。
が、周りの心配や忖度を考えるとたぶん打つだろう。
しかし他にワクチンを急ぐ人があれば、
「どうぞ先に打ってください。」
というスタンスだ。
医療従事者はもちろんのこと、「バカ者(若者)」と揶揄される若い人たちに
「どうぞ。」
私だって「バカ者」と呼ばれた長い時期が合った。今だってけっこうバカ者だけど。

怒られることを覚悟で言えば、68歳という年齢は高齢者だ。
年寄りの仕事は先に死ぬことだと思っている。必要以上に長生きしなくてもいいかな・・とも思う。
やるべくことはほとんどやった、という、少なくともこれまでの生き方で後悔はない。
(ホントにそうか? 自分を無理に納得させてないか? 苦しさに逃げてないか?)
と何度も何度も自分に問い返す。

寿命があり、その寿命がいつになるのか私も誰もがわからない。
無理に寿命を縮めるつもりもないが、さりとて長らえなくてもいい。

だから今生きていることを、余生がどのくらいかわからないが、自分らしさがあって、自分らしく生きたい、・・・・。
そんなところかしら。

ほとんど自分が思うままに生きてきたから、それはいい。
主に飲食の世界でやってきて、そのなかで学んだこと経験したことを少しでも若い人たちに伝えられたら、と思う。伝えられるようなたいしたものは無いのだけれど。

年を取ると言うことは、身体にも変調を来し(老化)、身体から溢れるように湧き出てきてたパワーも限度が見えてきた。パワー配分を考える様になってきた。
たぶん
「死ぬ準備を少しずつ始めなさい。」
という啓示かと受け止めている。
上記のワクチン接種に対する私の考えの根幹だ。
ネガティブに聞こえるかも知れないが、私はいたって淡々としている。
こうやって自問しながら、これから先の生き方に対して、自分の気持ちを整理している。

孫と笑顔

私には三人の息子がいて、孫は三人いる。
長男に男の孫一人と、次男に女の孫が二人。
それぞれにそれぞれの特徴がありそれぞれの可愛いさがある。

その孫の中で、一番年下の孫娘が妙に可愛い。
上は才気煥発そうで、いかにもの長女らしさを出している。
下はまだ1歳ちょっと、どういう風に成長していくのかまったく判らないし、私の目から見て美人ではない。いや美人になりそうもない。孫娘のために言い分けするが、けっしてブスでは断じてない。
が、この孫娘の笑顔が素晴らしい。思わず引き込まれる。

長男の息子、現在梅橋家の唯一の男系子孫だが、この孫の笑顔も屈託ない。
が、残念なことに私になつかない。

成長し大人になるにつれ屈託のない笑顔の表情は一般的に少なくはなるが、こういう笑顔を残している大人は時折見かける。
若いときは理解しなかったが、こういう笑顔は大きな武器になる。
すーっと笑顔に引き込まれてしまう。こういう笑顔を見るにつけ、見ている方の気持ちを軽くさせてくれる。どんなにありがたいことか。
こういう笑顔は仕事でも縁組みでも威力を発揮する。

コロナのせいもあるのか、孫たちをこちらに連れて来る頻度が少ない。
コロナ禍で、お店はヒマなくせに私が考えさせることは多々ある。悩まさせられることも。
孫たちが来たら来たで、孫たちの圧倒的な元気さにヘトヘトになる私たちがあるのだが、それでも時々来て欲しいと思う。屈託のない笑顔が見たいから。

息子たちが多感な少年期から青年期に、私は家族を茨城県石岡市に残し、東京での単身赴任を15年間続けた。
1週間に一度、家に帰っていたが、子供と接する時間はやはり少なかった。ある意味での母子家庭だった。
子供たちが大きくなるまでは家内の負担は大きかったと思う。その苦労に私が一助になっていたかというと、まったく自信がない。

それでも子供たちは素直に育ってくれた。誰一人「ひねくれる」でもなく「ぐれる」でもなくスクスク育った。
現在それぞれに仕事を見つけ、上の二人は妻をめとり孫を作り家庭を作った。
息子たちは今年41歳、37歳、35歳になる。

夫婦二人で過ごす部屋は、かっての熱さはもちろんない。
落ち着いた・・・・と言えばそうなるが黄昏色が二人を包む。
これはこれでそれなりの味があるのだが、孫の笑顔が時々欲しくなる。
老いた夫婦に立ちこめる「黄昏色」を一掃してくれる、まばゆいばかりの笑顔が欲しい。
子供たちよ、聞こえてるか?
孫を時々連れてこい!


梅雨入り

南九州が梅雨入りしたとのニュースが流れる。
関東はまだだが、小雨が降りしきる梅雨の様なお天気だ。
梅雨入りもそう遠くないだろう。
うっとうしい季節がやってくる。

ランチがもう間もなく終了するが、30名に届かなかった。
12時~12時半のピーク時間に三分の一にも満たない。
お酒を出せないためにディナーはなし。
本日の営業はここまでだ。
・・・・・・
気持ちが萎える。
とてもじゃないが、仕事、営業、商売をしている気持ちになれない。
それほどお酒を出せない影響は大きい。
雨はうっとうしさを倍加させる。

「ただいまおかけになった電話はたいへん混み合っています。しばらく立ってからお掛け直しください。」
協力金申請窓口の電話の自動応答メッセージだ。
不備の書類があるらしく、都から電話が欲しいと、番号を添えてメールが来た。
その番号に何度電話をしても上記の様なメッセージが機械的に流れてくる。
履歴を見ると今日だけで朝9時から30回弱電話をかけている。
メールには応答できないために返信しない様、注意書きがしてある。
電話が繋がらないと、先方に連絡するすべがないのだ。

店の売り上げが壊滅状態の時に、唯一頼りになるのがこの協力金である。
手抜かりがない様送付する書類は何度も確認しているつもりなのだし、4回目くらいの申請なのだから、過去のデーターでOKだと思うのだが、そうできない何かがあるのだろうな、とモヤモヤしながら忖度する。
今回の申請締め切りが5月末だという。このまま電話が繋がらないと、唯一の収入源がパーになる。
協力金が出たとしてもプールしてある資金は少しずつ消滅していくというのに。

業者の支払い、家賃、給与と支払いのことを考えると胃がキリキリしてくる。
そしてこんな不安定が毎日続くのだ。
そんななか私の心を唯一癒やしてくれるのが、来店するお客様なのだ。
が、・・・・来ない、お客様が来ないし、来るなという禁酒令。

気持ちが萎えるのだ。
コロナが収まったとしても、
このまま(お店が)続けられるのかなぁ・・・。
お客様は戻ってくるかなぁ・・・、。



緊急事態は5月末まで延長へ。

身体から疲れが抜けない。
歓ファンは2日~5日までの4日間休んだ。
非常事態宣言下どこにも出かけられない。
当初は妻と二人でひなびた温泉でも行くかと思っていたが、行った先に迷惑かかるかもと妻が言う。
自分の店がコロナ禍で追い詰められている立場で、東京はまだ協力金が出てくるから良いが、田舎のひなびた温泉などのピンチはそれを遙かに上回っているだろう、困ったときはお互い様・・・そんな気持ちだった。
ニュースで流れるUターンのハイウェイの混雑ぶりを見た妻が
「ねえ、やっぱり止めよう・・・」

時間がぽっかり空いた。
助成金や協力金など申請すべき書類はほぼ終え、商店会の決算報告も会員各自に発送配布した。やるべきことは当面ない。そのなかでのゴールデンウィーク。

まったく楽しくないゴールデンウィーク。他の人たちも大して変わらなかったろう。でも各行楽地の混雑ぶりがニュースで流れる。
(もう止まらないな、止められないな・・・)
これが率直な非常事態宣言下の自粛に対する感想だ。

その非常事態宣言期間が終わらぬ前に延長が決まった。
管さんにしても小池さんにしてももう少しやりようがなかったのかと思う。
落語の『まんじゅう怖い』そのままだ。
危ない、命を大切に、ホームステイを、と叫ぶほど人は表をで歩き回り、声を大にして唱い、身体をくっつけ合う。
もう命令や懇願は通用しない。

だのに、飲食店に対して時短、休業、禁酒令と無茶苦茶要求してくる。
正直「もう疲れた。」
リーダー(経営者)が口にしちゃいけない言葉なのだが、気持ちが切れる。

14年間勤め上げた調理長を顧問として再雇用する段取りをつけた。
彼も安定した仕事がなく、さりとて彼を以前の状態条件で雇用できる強さは今の店舗にない。
コロナで借り入れた融資返済が始まれば、経営はたちまち追い詰められるはずだ。
一店舗で返済できる額ではない。
他店舗展開をして収益の柱を増やす必要が必須だ。

「オンリーワン、オリジナル、というのがこれからの基本だ。」
「手作りにこだわるんでしょう?」
と聞かれるも
「いや違う。オリジナル商品を外注する体制まで持って行く。どの店舗でも同じ味同じ形というベースがあり、そのための商品作りと考えてくれ。」
「外注する製品だから、”販売”という選択肢が増える。あらたな収益の柱を構築する。」
「時間も資金もあまりない。コロナが終息してもお客様は簡単には戻ってこない。」

「生き残りをかける戦いだ。」
と締めくくった。

お酒ダメなの?

三回目の緊急事態制限が始まり4日目。
初日は日曜日で歓もお休み。
月曜日。ランチ営業。相変わらず低調。いたしかたない。
が、問題はお酒を出せない8時閉店のディナー。

三組のお客様がいらっしゃった。
それぞれ二名ずつの計6名様。
すべて近隣の顔なじみのお客様ばかり。

「お酒ダメなの?」
たたみかけるように
「ビール一本だけ、ね」
女性のお客様からの頼み・・・・
うーん、よけいに断れない。
他のお客様にも伝播。

「紹興酒、デキャンタで。」
「レモンサワーとハイボール。」

はは、こりゃ、無理だ。営業しながらお酒だけ提供しないって。

知っているお客様ばかりだから良いけど、フリーのお客様が来て、この状況をみたら・・・・。

と、こうなった。
不自由おかけします、お客様。
2週間ほどのご辛抱お願いします。

けど、家賃変わらず、人件費ほぼ変わらず。
お金、持つかなあ・・・・・?

禁酒令その2

私の所属する「医大通り商店会」でも波紋が広がる。
会員から
「どうするんですか?」
「時短要請でなく休業要請って、ランチも休まなきゃいけないんですか?」
「補償はどうなってるんですか?」
「今回の(禁酒)処置、大き過ぎますよ。お店を閉めろと同義語ですよ。」
動揺が走り、反発もあり、虚脱感があり、・・・・・。

わかる。その気持ち実によく分かる。
知人の議員に電話を入れ詳細を聞いた。
「いや、申し訳ありません。ホント申し訳ありません。今回の知事の決断に関しては今はそれしか言えません。」
小池都知事のスタンドプレーに対して、自民系列のこの議員の苦々しい顔が、電話を通して見えてくる。その上で
「お酒は提供しません、という文言を入れてランチ営業してください。それでOKです。夜もアルコール類提供しない旨を告知していれば営業はかまいません。」
との返事。

会員に電話でもSNSでも伝えた。
最低限の営業できることがわかり、一様にホッとしている。
ホッとした表情を見るにつけ、みんな歯を食いしばり頑張ってきていたことを感じる。
小池都知事、この辺の機微は理解できないな、きっと。
水に落ち溺れている犬を棒の先でつついてさらに沈めようとしているようなもんだよ。

もう一つ。「消灯令」
8時以降の、街灯以外のネオンや看板の消灯。
他に考えることないの。こういうことを言う小池都知事に換言する人いないの?
裸の王様になってない?
関西3県に対して関東は東京都だけ。関東4県(都、神奈川、埼玉、千葉)で足並み揃えるんじゃなかったの?
賢しい顔していると思っている百合ちゃん、都民は賢いでなく「小賢しい」と思ってるよ。
私は百合ちゃんに「休業要請」したい。この人が休めば都民はきっと安心する。

ポスターを二つ作った。
「緊急事態宣言につきアルコール類は提供できません。」
の文言を大きく、そしてその脇に小さく
「酒類は置いてありますが、販売しておりません。勝手に飲まれる場合は罰金を申し受けます。罰金は店舗で徴収します。」
もう一つのポスターには
「販売するお酒類はありません。が、茶湯、白湯、般若湯はあります。」
と書いた。

大手ホテル系のレストランがアルコール提供はナシとするかわりに、ルームサービスでのアルコール種類は充実させるそうだ。
ホテル側が、部屋飲みは大丈夫という判断を示したのだ。
だとすれば、レストラン側だって席を個室として区切り、グレーゾーン解釈の元・・・・・・・。

こんな「小賢しい」ことをついつい考えてしまう。
そのくらい今回の「禁酒令」「消灯令」はインパクトが大きかった。
いっそまとめて「戒厳令」とでもしておけば。コロナとの戦争中でもあるし。

禁酒令

都はアルコール提供全面停止で緊急事態宣言を調整中とのニュース。
はぁーっ。(カラッ・・)
八時閉店だってかなりきついのに。お酒を出すな・・・・だと。(カラッ、コロッ・・)
4月25日か26日から、5月9日頃まで・・・(カラッ、コロッ、カラコロコロコロ・・・)
もう駄・・・
(ガラガラコロカラコロコロ・・・)
ああ何かが崩れていく・・・。

そこまでは行かないが、身体の力がプシューッと抜ける感じがする。
脱力感半端ない。

ゆり子、いい加減にしろ。抱いてやんないぞ。(千葉県の知事候補者みたい。

都内の飲食店は、少なくとも私の周りの飲食店は、ギリギリの状態で店舗を維持、持続を模索しているのに、最後の(心の)砦が陥落しそうな今回の迷プラン。
「お願い。お願い。」と建前はお願い口調だけど、都民を駒あつかいしているよね、百合ちゃんは。えらくなればなるほど、発する言葉はめちゃくちゃ重たいんだけどなぁ。自分の言葉の重みがいかばかりかと試しているみたい、百合ちゃんは。
もしかして百合ちゃん、下戸?

飲食店のアルコールを禁止したとして。
・それを完全に守るお店はどのくらい。
・お客様からお酒を求められて完全にお断りできるお店はどのくらい。
・コンビニや酒屋での販売はどうするの?
・かろうじて細々と営業を続けているクラブ、バー、スナックはどうなるの?
・路上だとか公園だとか駐車場だとか飲食店以外での飲酒はどうする?
・酒屋やコンビニの売り上げ補填は?
・今でさえ撤退する居酒屋が後を絶たないのに、閉鎖を迫られる飲食店は間違いなく増える。
・だから飲食店に納品している酒屋だけでなく、八百屋、肉屋、魚屋、間違いなく売上ダウンする。これらのお店にも一律60万円?それはないでしょ。

もしかして緊急事態宣言下の補填額はすべて国まかせ?
人の金だから使い放題と思ってる、百合ちゃん。
ちょっとずるくない?
百合ちゃんが都知事になってから、築地移転やオリンピック招致での二転三転する施策で都の予算激減してるけど、これに貴方が判断を下したコロナの出費(国費だとしても)を加えると、百合ちゃんの渾名、「傾国」とか「傾城」とかに変わるよ。きっと。

百歩譲る。
百合ちゃんの決断で、コロナは収まるんだね。
効果出てくるんだね。
毒で犯された部位(らしい飲食店)を切って捨てることで、命が助かるんだね。

よし!
死ぬを覚悟で頑張ろうジャン。
コロナで死ぬのか、それ以外で死ぬのかわかんないけど。
都から借り入れた○千万円の資金と枕を並べて討ち死にだあぁ!

悪魔のレシピ

先日親しい友人との会食が歓ファンであった。
というか私が呼び寄せた。それぞれに数回飲んだりしたことのあるメンバーで、男二人、女二人の組み合わせ。が、けっして合コンではない。楽しい飲み仲間の集いだった。

趣向を凝らした。
「悪魔の食べ合わせレシピ」(講談社1200円)という本を入手した。
読んでみて面白かったので、このメンバーで試食しようと考えた。
みんなには内緒だ。

本のレシピは40種類程度。その中からピックアップして。

1、生ハムと「アイスの実」
アイスクリームで売っている「アイスの実」を生ハムで巻いたもの。
アイスの甘さと生ハムの塩加減がうまいことバランスが取れると、これは美味しい。

2、バナナ&しらす
皮をむき厚くスライスしたバナナの上にシラスを置き、万能ネギを色つけでおいたもの。バナナを厚く切りすぎて、シラスの塩加減が少し負けてしまった。

3、顆粒インスタントコーヒー vs 麻婆豆腐
コクを出すためにインスタントコーヒーを使う手法はある。普通に麻婆豆腐を作り、お客様の目の前でインスタントコーヒーを振りかけた。ただ目分量だったために多く振りかけた人の麻婆はとても苦かった。

4、昆布の佃煮とバターピーナッツ和え
コンビニで買ったバターピーナッツをビニール袋のまま、その上から包丁の背で叩き、粗みじんに。それを佃煮と和えた。昆布のしょっぱさとピーナッツの食感が、うん、これはつまみに美味しい!

5、鯛とキウイソース
肉のハナマサで黒鯛を買ってきた。大きな鯛で名札には一本釣りと書かれていたが、710円。安!
これを薄く刺身にしたてた。キウイはマッチ棒の頭くらいに細かく切って刺身にソースとしてかけた。キウイの酸味が鯛と絡み合って、うん、美味しい!甘くなかったキウイが逆に幸いした。

6、巨峰と大根おろし。
江戸時代の和食文献に「はじき葡萄」という名であったメニューらしい。はじき葡萄は上から菊花をまぶすのだが、これはワケギで代用し、酢醤油をかけて出した。
いける!

7、明太子と千切りリンゴ
皮をむきマッチ棒の長さに切り、袋をとった明太子と合わせる。
これまたリンゴの甘さと明太子の塩加減が合う。

8、納豆プリン。
小鉢に納豆をあけプッチンプリンをダイレクトに置いた。インパクト大。
付属でついていた調味料は使わず、プリンを崩し納豆と混ぜ食べた。インパクトが大きくしばらくは味覚がついて行かなかったが、時間とともに(これもありだね。)と思える。地方によっては納豆に砂糖を入れると聞いた。なるほど!

9、ゆで卵と蜂蜜。
コンビニに買いに行ったのだが蜂蜜がなくメープルシロップで代用。半熟ゆで卵を半割にし君の部分を中心にシロップをかけた。デザートだ。
本にも書いてあったが、確かに黄身の部分は天津甘栗だ。黄身だけを目隠しをしたら栗と言われて違和感はない。

飲み物は、最初はビールだったが、途中からワイン煮代わる。赤にも白にも合う。
メンバーから「中華を食べたかったのに・・・」という一言がついたが、表情を観察すると、食べ合わせの意外さに面白く楽しんでいたようだ。
簡単なレシピだけを見繕ったのだが、作る立場の私も面白かった。

またやろうっと。