ブログ

失念・・・・

8月31日月曜日朝、出がけに妻に言われた。
「チマキはどこへ持って行ったの?」
配達場所のことを聞かれたのだが、一瞬
「えっ?」
瞬間思い出した!
日曜日にチマキの配達を頼まれていたのだ。
70個。楽屋見舞いのお品だ。
依頼主はチョー有名な落語家さん。
(なんてっこったい!何で忘れたんだぁ!)
スマホで検索する。楽屋見舞いのはずの舞台のスケジュールだ。
ああ・・・昨日が千秋楽だ。
ああ・・・終わりだ。取り返しがつかない。
どういう手段を使っても取り返しがつかない。
チョー有名な落語家さんに電話を入れる。
が、留守電。
お詫びのメールを入れる。
ひたすらひたすら
「スミマセン。スミマセン」
「失念してました」
「後ほどまた電話を入れます」
間髪入れず再度電話。
今度は留守電に繋がる。
留守電にお詫びの電話!
―――――――――――――――
配達前日の土曜日、後楽園店に勤める妻と一緒の休みだった。
久し振りに二人で休める休日だった。
同郷の友人で落語家さんが勤める舞台を二人で見に行く手はずを整えていた。
前述の楽屋見舞いを頼まれていた落語家さんとは別な人で、桂竹丸師匠。
舞台は「霧島の花嫁」
霧島の老舗旅館に嫁ぐコメディー舞台。
主人公は宝塚のトップを務めた愛華みれさん。
鹿児島弁がふんだんに織り込まれた、鹿児島県人用と誤解されても仕方ないような、ローカルな脚本だった。
しかし楽しめた。
落語以上に面白い演技を竹丸師匠が魅せてくれた。

そして観劇の後は二人で長男の嫁の実家、町田市に出かける。.
嫁の父がつい先日他界した。
仕事の都合で通夜も葬式も行けなかった。
そのお詫びも兼ねて、線香を上げにうかがったのだ。
―――――――――――――――
失念は、そんないろいろが土曜日にあったためであった。
日曜日の配達をまったく見落としていた。
しかし言い訳にもならない!

当の落語家さんから電話があった。
関西弁で
「何があったん?」
来店も数回あり、電話口での会話は数知れず。
くだけた感じの口調だ。
「スミマセン!スミマセン!」
「すっかり失念してました。配達できませんでした」
案の定怒られた。
「何でだんねん。こんなことがあったら旦那さんのこと信用できまへんがな」
「その通りです。取り返しのつかない事しました」
そのくり返しがあった後、
「これからは気ぃ付けといてな-」
関西弁で言う・・・・
「しかし旦那さん、相当あわててましたなぁ!」
電話口で笑い声が漏れる。
その声でホッとする。
「すでに頼まれているチマキの配達どうしましょう?」
「ああそれは持っててぇな」
感謝感謝。

朝のランチの準備が終わるまでの、小一時間ほどの出来事。
でもでも疲れたあ。一日のエネルギー全部使ったような・・・・。
そして二度と起こらない工夫を何か・・・・・・・

 

 

 

テレビ撮影

17日13:30より新宿店で撮影があった。

テレ東のBS番組「日経モーニングプラス」の中の「健康情報gooday」コーナー
テーマは「糖質制限」
放映予定日は8月25日か26日朝7:30(約7分)

まだランチの最中に番組製作会社が来る。

今日は朝から雨で客足は少ない。それでも撮影スタッフは少ないお客様に声をかけながら、インタビューの許可を取り付ける。

キャスターは鈴木さん。ポキッと折れそうなくらい細くてすらっとした身体をしている。

とても好感の持てるのだが、下の名前を忘れてしまって、日本で一番多い名字である「鈴木」しか覚えていない。

お出した料理も一口一口大事に召し上がっていただいた。

レンズに向けられた笑顔なのだろうが、美味しさは十分に伝わっていた。

ありがとう、鈴木さん。

 

かなり丁寧な撮影をしていただいたのだが、放送されるのがBSでは、地デジしか受信設備のない私のテレビでは映らない。

すると、スタッフの方が

「後でDVDで送らせていただきます。」

ありがたや。

実を言うと18日になった本日も撮影に来られるそうな。

店の内観と、お客様からのメッセージをもう少し収録したいのだとか。

番組製作会社もたいへんだね。

日経モーニングプラス|BSジャパン

歓[fun]新宿店のお盆休業日のお知らせ

新宿店の夏休み休業日のお知らせです。

14日(金曜)

15日(土曜)

16日(日曜)

がお休みになります。

17日(月曜)から通常営業になります。

後楽園店は通常通り営業しておりますし、私も顔を出す予定です。

是非ご利用下さい。

 

出張料理

8月7日ケータリング

新宿から車を駆っておよそ1時間20分ほど。

車には運転手の私を入れて4名。大きなワゴン(日産セレナ)を借りたのだが、荷物がギリギリで積み込める。

自由が丘にある学校のオープンキャンパス。

全国の高校の先生方が集まってくるんだそうな。

総勢150名様。

盛りつけているのは、二戸調理長とサブの八谷さん、それと我らがお母さんの西井さん。

甲斐甲斐しく盛りつける三人を尻目に各テーブルを回る。

ガラス越しの庭に回って始めて見る会場を散策。

ん?西井さんがこっちを見ている・・・というより目端に何か言いたそうだ。

(手伝わないと間に合わないのかな?)

盛りつけ台の近くに行くと、二戸が

「社長、春巻きとシューマイを盛りつけて下さい。」

あ、そ、追われてるの!

料理がテーブルに並ぶ。各テーブル盛りつけた皿6種類。

◎ピータン、蒸し鶏、クラゲなどの盛りあわせ。

◎唐揚げ ◎焼きそば ◎春巻き&シューマイ

◎エビチリ・・・などなど

やがてお客様がゾロゾロと・・・

大きな部屋がたちまち狭くなる。

さあ、私の仕事が今から始まる。

紹興酒のカメ開けだ。

150人を前にして開けるのだが、いかんせん今日は立食。

同じ高さの床に立っているために、紹興酒が見えない。

その中で紹興酒の説明だ。

少々やりにくいが・・・・敢行。

帰りの運転があるために一気飲みのパフォーマンスはやれない。

旧知のお客様に代打をお願いする。

拍手で終了したところで私の仕事も終わりだ。

帰り着いて、シェアリングの車を返して、夜8時。

週末の金曜日だが、これからお客様で混雑するとは考えづらい。

いらっしゃっても一組か二組。ま、いいか。

「今日はこれで終わろう。皆でちょっと一杯いこうか。」2015-08-07 18.07.42

お疲れ様でした。